広電宮島線古江駅から徒歩7分

カイロプラクティック
オステオパシー

広島市西区庚午中4丁目20-19山崎ビル1階

082-274-3092 完全予約制

休診日
日曜・祝日・木曜午前
受付時間
午前 9:15~13:00 / 午後 16:00~20:30
※土曜の午後のみ 14:30~17:00

年末年始に急な腰痛(ぎっくり腰)がふえる原因とは?

年末年始に急な腰痛(ぎっくり腰)になる人は意外と多いのですが、その原因をご存知ですか?

咳やくしゃみをしてもひびいたり、トイレに行こうとしても歩くのがそもそも大変だったりと、ぎっくり腰になると日常の生活すら満足に出来なくなりますよね。

それが忙しい年末の時期なら、なおさら大変ですよ。

今回は、年末年始に急な腰痛(ぎっくり腰)が増える原因についてお話ししますね。

年末年始に急な腰痛が増える原因①

原因の一つ目は、飲み過ぎ食べ過ぎです。

クリスマスや忘年会、新年会などでついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりする事が増えますよね。

そうすると、胃や腸などの内臓が疲れてしまいます。

内臓が疲れると、お腹が硬くなってしまいます。

お腹が硬くなると、その周囲の腰の筋肉も緊張して硬くなってしまいます。

それで食べ過ぎや飲み過ぎが続きやすい年末年始は、急な腰痛(ぎっくり腰)になる人が増えるのです。

年末年始に急な腰痛が増える原因②

原因の二つ目は、気温の低下です。

冬になると気温が低下します。

気温が低下すると、体の血液やリンパの流れも停滞しやすいです。

そんな時に、咳やくしゃみといった切っ掛けでギクッとなりぎっくり腰になってしまうのです。

では、どうしたら忙しい年末に急な腰痛(ぎっくり腰)にならずに済むのでしょうか?

それには、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないように心掛ける事も大事ですし、体が冷えないように温める事も必要です。

しかし、ぎっくり腰になる方の多くが慢性的な腰痛がある方です。

ですので、この時期にさしかかったら、ぎっくり腰にならないように骨格矯正などで、体のメンテナンスをしてもらうことをおススメします。

082-274-3092