広電宮島線古江駅から徒歩7分

カイロプラクティック
オステオパシー

広島市西区庚午中4丁目20-19山崎ビル1階

082-274-3092 完全予約制

休診日
日曜・祝日・木曜午前
受付時間
午前 9:15~13:00 / 午後 16:00~20:30
※土曜の午後のみ 14:30~17:00

腰痛を改善する為の意外なポイントとは?

腰痛を改善するにはどうすればイイか考えますよね。

実は腰痛を改善するには意外なポイントがあるんですよ。

それは、立ち方です。

今回は、よくある立ち方のクセを紹介して、腰痛を改善するにはどんな立ち方が良いのかをお話ししますね。

腰痛になりやすい、よくある立ち方のクセ

・休めの姿勢で立つ立ち方

両足に均等に体重が乗らないので体が捻じれる原因になってしまいます。

・内股で立つ立ち方

女性に多い立ち方です。

足の内側に重心が集中する事により、足腰の内側が常に緊張してしまいます。

・外股で立つ立ち方

お年寄りに多い立ち方になります。

太腿の外側の筋肉とお尻の筋肉に負担がかかり緊張してしまいます。

このような立ち方をするだけで、腰痛になりやすく、同時に治りにくくなる原因にもなります。

腰痛を改善しやすい立ち方とは?

足の指先が正面を向いている立ち方が理想的な立ち方になります。

足の指先が正面を向いていれば、前後に安定して立つことが出来ますので、背筋がシャキッとして立つことが出来ます。

この立ち方をすると、腰やお尻や太腿に過度に負担がかかる事がないので、腰痛改善のスピードアップが期待出来ます。

しかし、良い立ち方をしようと思っても立ち方をすぐに変えることが出来る人はほとんどいないのではないでしょうか?

それは、長年のクセで骨格が外股や、内股の骨格になってしまっているからです。

そのような場合には骨格矯正してもらう事をお勧めします。

骨格矯正してもらう事で、足の指先が正面を向く立ち方がしやすくなる可能性が上がります。

さあ、あなたも骨格矯正してもらって、良い立ち方をすることから腰痛の改善を始めてみませんか?

足と腰痛の関係はこちらのブログでも以前にお話ししてます。

082-274-3092