広電宮島線古江駅から徒歩7分

カイロプラクティック
オステオパシー

広島市西区庚午中4丁目20-19山崎ビル1階

082-274-3092 完全予約制

休診日
日曜・祝日・木曜午前
受付時間
午前 9:15~13:00 / 午後 16:00~20:30
※土曜の午後のみ 14:30~17:00

腰痛の改善に効果的な座り方の工夫とは?

腰痛を座り方のちょっとした工夫で改善できたら嬉しくないですか?

腰にかかる負担は、立っている時に比べて座っている時の方が1.5倍多くかかると言われています。

ですから、座っている時にかかる腰の負担を少なくする事が出来れば、腰痛を改善しやすいのです。

今回は、腰痛を改善しやすい座り方の工夫についてお話ししますね。

何故、立っている時より座っている時の方が腰に負担がかかるのか?

背骨はきれいなS字カーブを描いているのが理想的です。

このS字カーブのおかげで、上半身の重さは分散され腰だけに多くの負担がかからないのです。

立っている時に腰はS字カーブになりやすく、腰の負担は少なくなります。

しかし、座った姿勢だと腰は丸くなりがちになりますので、S字カーブも崩れて腰の負担は増えてしまいます。

腰痛改善に効果のある座り方の工夫とは?

座っている時に椅子の後ろ半分にクッションを置きます。

そのクッションの上に座れば、お尻の後ろ側が持ち上げられるので腰も自然に少し反ります。

そうすると、背骨が自然にS字カーブになりますので、腰にかかる負担が減ります。

しかし、今までの良くない座り方の為に背骨が歪んでいて、クッションを置いても背骨のS字カーブを取り戻せない方も多いです。

ですので、背骨のS字カーブを取り戻すために、骨格矯正してもらうと良いでしょう。

さあ、あなたも背骨のS字カーブを取り戻してから、座り方の工夫をして腰の負担を減らし、腰痛を改善しましょう!

082-274-3092