広電宮島線古江駅から徒歩7分

カイロプラクティック
オステオパシー

広島市西区庚午中4丁目20-19山崎ビル1階

082-274-3092 完全予約制

休診日
日曜・祝日・木曜午前
受付時間
午前 9:15~13:00 / 午後 16:00~20:30
※土曜の午後のみ 14:30~17:00

むちうちの症状~しびれがある時の対処法とは?

車に乗っていて追突されむちうちになり、肩と腕に嫌な痛みとシビレの症状が出ているなら、それは神経が圧迫されている症状です。


病院でレントゲンを撮ってもらって「異常ありません」って言われたので、これは私の事ではないって思うのなら、ちょっと待ってください。

レントゲンには神経や筋肉等の骨以外の組織は写りません。

だから、レントゲンでは異常が無くても神経が圧迫されていることがあるんですよ。

この神経が圧迫されたタイプのむちうちですが治療で改善する事は可能です。

むちうちの症状が酷くなる姿勢とは?

天井を向いたり、猫背のようにアゴが前に突き出た姿勢になると症状が酷くなります。

なぜなら、むちうちで首の靭帯や筋肉が損傷すると首の骨が捻じれてしまい、首の骨の間から神経が出るスペースが狭くなってしまう場合があります。

その状態で上を向くと更にスペースが狭まりますので、神経が圧迫されてしまうのです。

むちうちの症状が酷くなりにくい姿勢とは?

背筋がスッと伸びて猫背でない姿勢が比較的症状が酷くなりにくいです。

この姿勢では、首の骨の間のスペースが狭まらず神経を圧迫しにくい状態が保てます。

しかし、今まさに酷いシビレや痛みが出てしまっている状態ならば、首の骨の間のスペースで神経が圧迫されて炎症が起こってしまっている状態です。

この状態になってしまうと炎症が収まるまで、姿勢を正したくらいでは劇的な改善は見込めません。

この神経が圧迫された辛い症状を改善する為には、整骨院で背骨の捻じれの専門家にみてもらって首だけでなく全身のバランスを取ってもらう必要があります。

なぜなら、首の骨の捻じれは脚や骨盤や胸の骨の捻じれの影響を受けて捻じれてしまっているからです。

その元々捻じれがあった状態に事故で大きな力が加わった事で、最後の一線を越えて捻じれて神経の圧迫が起こってしまったのです。

ですから、全身のバランスを取ることで首の骨の間の神経が出るスペースが狭まらようにしてもらう事も必要です。

さらに猫背でない良い姿勢で、その必要なスペースが圧迫されてない状態を維持する事も必要です。

そうして初めてシビレや痛みから解放される事が可能ですので、なるべく早く整骨院に治療に行かれることをお勧めします。

むちうち治療なら広島市西区庚午中大谷整骨院へ

広島市西区で交通事故によるむちうちの治療に実績のある整骨院をお探しなら、古江駅より徒歩7分の【庚午中大谷整骨院】へお越しください。

庚午中大谷整骨院は、むちうちをはじめ、肩こり、腰痛、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。

082-274-3092