広電宮島線古江駅から徒歩7分

カイロプラクティック
オステオパシー

広島市西区庚午中4丁目20-19山崎ビル1階

082-274-3092 完全予約制

休診日
日曜・祝日・木曜午前
受付時間
午前 9:15~13:00 / 午後 16:00~20:30
※土曜の午後のみ 14:30~17:00

雨が降るとむちうちの症状がひどくなるのはなぜ?

「雨が降るとむちうち症状がひどくなるんだけど、どうしてですか?」むちうちで通院中の患者さんからの質問です。

雨の日にむちうちの症状がひどくなるのは、天気と気圧の関係が体に影響するからです。

今回は、雨が降ると何故むちうちの症状がひどくなるのかをお話ししますね。

天気と気圧の関係とは?

雨が降る時は、気圧が低くなります。

「低気圧が西から来ますので、雨が降って来るでしょう。」

テレビの天気予報でもそんな事を言っているのを耳にすることがありますよね。

つまり、雨が降る時は低気圧が来ている時で気圧が低くなっているんです。

気圧が低くなると、何故むちうちの症状がひどくなるのか?

気圧は1気圧1013ヘクトパスカルです。

雨が降っていない状態だと、この1気圧に近い状態になっています。

それで、体の中と外の圧力のバランスが保たれています。

それが、雨が降って気圧が1気圧以下になると、体の中と外の圧力のバランスが変わってきます。

体の中の圧力の方が外の圧力よりも高くなるので、体が外に膨張する力が加わることになります。

ここでポイントは体が膨張する力とは、つまり腫れることに似ているという事です。

むちうちで、首の筋肉や靭帯が傷ついている時に雨が降って気圧が低くなり、膨張する力(腫れる事)が加わるので、むちうちの症状がひどくなるのです。

むちうちは気圧に敏感に反応して症状が出ますので、気圧が変わっても対応できる体にする治療が必要になってきます。

当整骨院では、気圧に対応する治療もキチンとしておりますので、雨が降るとむちうちの症状がひどくなる方は、お気軽にご相談ください。

むちうち治療なら広島市西区庚午中大谷整骨院へ

広島市西区で交通事故によるむちうちの治療に実績のある整骨院をお探しなら、古江駅より徒歩7分の【庚午中大谷整骨院】へお越しください。

庚午中大谷整骨院は、むちうちをはじめ、肩こり、腰痛、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。

082-274-3092